コラム 市場調査

医療業界の実態と市場調査の重要性

医療業界における市場調査の重要性

高齢化社会が加速している日本では、医療や介護に関連するサービスの市場規模は拡大が続くと見込まれています。これまで製造業や卸売・小売業のサービス業が主導していた産業別就業者数においても、2030年には医療・介護業界の従事者がトップになると予測されています。また今後は健康寿命を延ばすことが重視され、運動や栄養管理、生活支援サービスの市場も拡大していくことが見込まれます。また、予防や健康管理のヘルスケア分野では、生体データ収集などに活用できるウェアラブル機器が本格的に普及すると期待されています。

一方、厚生労働省の調査によれば、人口減の影響等もあり国内の病院施設は減少傾向となっています。このため、新築、改築による一時的なニーズはありますが医療機関向けの設備機器や治療器具に関する市場は今後、微増程度に留まるとみられています。医療・介護業界、ヘルスケア分野などは需要が安定していることもあり、新規参入を検討している方も多いでしょう。しかし、分野や用途によっては想定よりも市場規模が伸びず、新規参入をしても業績が伸ばせない可能性もあります。新規参入を検討するのであれば、事前に医療業界等の市場調査を行い、ニーズやマーケットを把握することは非常に重要といえるでしょう。

医療業界の市場調査には専門性が必要

医療業界においては薬剤や医療機器などの市場規模、市場動向等の把握のため、市場調査が実施されています。市場調査は新規参入を検討する上で、市場規模や有望性が掴めない、参入メーカーやその販売先を把握したいなど、新規事業の戦略を立てる際に役立つ情報を収集することができます。こうした情報は既存事業においても、自社製品やサービスの売り上げアップや新規顧客の開拓等に活用することができます。特に市場規模の予測においては、その背景要因まで把握可能であり、今後の事業投資の検討に大いに役立ちます。

医療業界に関する市場調査においても目的は同様であり、医療機器や治療器具などを対象とした調査が実施可能です。

但し、医療業界に関する市場調査においては人の生死に関わる領域でもあるため、十分な専門知識が必要となります。このため、医療業界における実績を有した企業に調査を依頼することが重要です。確実な調査を実施することにより、市場参入時のリスクなども踏まえて、参入するか否かなどの検討をすることができるでしょう。

市場調査を委託するメリットと注意点

市場に関する情報はWeb上でも得られますが、自社にとって必要な情報が得られるとは限りません。市場調査の専門会社に委託すれば様々な方法を活用し、より多くの有益な情報が得ることができます。但し、市場調査を行う際には信頼できる委託先を探すことと、お互いが納得した上で調査を実施しなければ、効果的な調査を行うことはできません。ここでは、市場調査を行う上での注意点を説明します。

まず、市場調査を行う際に重要なことは、調査目的を明確にすることです。どのような目的で調査を行うのか明確でなければ、市場調査会社も最適な提案を行うことができず、せっかく調査を行っても得られた情報を有効に活用することができないでしょう。

次に調査に掛けられる予算や期間を検討しましょう。これらの情報があると調査会社も企画を立てやすくなり、スムーズに実査を行うことができるでしょう。さらに各調査会社によって対応できる調査手法にも違いがあるため、希望する調査手法がある場合は、事前に確認しておきましょう。

最後に医療業界において市場調査を行うポイントは、委託先の医療業界における調査実績の有無です。過去に調査実績を有している会社であれば、安心して調査を依頼できるでしょう。これらの注意点を頭にいれ、有効な市場調査を実施しましょう。