金属、レアメタルの回収における市場調査

幅広い産業に利用されるレアメタルとは

レアメタルとは、数ある金属の中でも希少性が高いものを指します。地球上において存在量が少ない、あるいは経済的、技術的な理由から抽出が困難であり、安定的な確保供給が難しい金属がレアメタルであるとされています。

こうしたレアメタルは現在ではさまざまな分野の産業に利用されており、産業の発展において欠かせないものです。 レアメタルは様々なものがあります。例えばコバルトは2次電池の原料となり、パソコンや携帯電話などの製品に利用されます。

ネオジムはネオジム磁石に加工され、ハイブリッド自動車や電気自動車の駆動モーターの部品となっています。 タングステンは超硬チップや超硬ドリルといった超硬工具に活用されています。超硬工具は自動車、航空機産業に不可欠な部品であり、その90パーセントをタングステンが占めています。

タンタルは、高級電子機器製品の電子基板のコンデンサの原料となっています。タンタルコンデンサは、アルミニウムやセラミックといった他の素材のコンデンサに比べて、小型かつ大容量で安定している点でも優れています。

このようにレアメタルは様々な用途で欠かせないものとなっています。一方で需要に対して供給量はひっ迫しており、将来的には不足が予想されることから、廃棄物となった金属製品の中からレアメタルを回収するメタルリサイクル技術が注目されています。近年では金属、レアメタルの回収に関する市場調査も盛んに行われています。

さらなる成長が期待される金属、レアメタル回収業界

近年では大手リユース店舗チェーンが初めて小型家電回収事業に乗り出すなど、メタルリサイクルに関する企業の動きが活発になっています。これは平成25年に施行された小型家電リサイクル法が影響しており、様々な有力企業が使用済み小型家電の再資源化する事業、いわばリサイクルビジネスが促進するようになりました。

経済産業省は、日本企業のリサイクル分野の強みとして、処理プロセスを工夫して組み合わせるノウハウや、法令に基づき有害物質を適切に取り除く技術に優れている点を挙げています。 廃棄物にはレアメタル以外にもプラスチックなどの混合物が含まれますが、仕分け、分離、選別の工程を経て回収すべき金属を濃縮することができます。

これを物理選別技術といいます。また、金属を精錬する技術を化学分離技術といいます。これら2つの技術において、世界の特許出願状況をみると、日本の企業の出願件数が非常に多く高い競争力を有しているといえるでしょう。 今後はこうした高い技術力を武器にメタルリサイクル事業の海外進出が進むと予想されており、金属、レアメタルの回収業界のさらなる成長が期待されています。

そのため、業界へ参入する企業も増加し、競争も激化しています。したがって、これから新規参入を検討している場合、まずは市場調査を行い、この市場における競合企業がどのような事業やサービスを展開しているのかを把握した上で有効な戦略を検討するのが良いでしょう。

業界情報をどのようにして得るか

金属、レアメタルの回収を先行している企業の詳細な事例は、インターネットなどのオープン情報からではあまり収集できません。必要な情報を収集できなければ、市場を正しく把握できず、効果的な事業計画を立てるのが難しくなります。

そこで、市場調査会社を活用して、市場調査を行うことで有益な情報収集を行うことをお勧めします。市場調査会社を活用すると、市場に参入している企業や各企業のシェアや、種類ごとの市場規模の推移や背景など様々な情報を自社で行うよりもスピーディーに把握することができます。

変化の激しい市場に対応するためには、スピード感を持って事業を推進することが望ましいです。市場調査会社をうまく活用し、有益な情報収集を行うことで市場の変化に対応し、事業拡大に繋げましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >