コラム 市場調査

モニター調査をするメリットや方法について

モニター調査のメリット


モニター調査というのは消費者や専門家などに対して期間や頻度を決めて、ある事柄について意見を集めるというものです。
多く実施されているケースとしては、商品の購入者(商品モニター)から意見を集めるものです。
調査方法は色々と存在していますが、モニター調査は企業が売上を伸ばして、競合他社との競争に勝ち抜くために必要なものです。

モニター調査では対象者から率直な感想を得ることができるため、これらの情報は商品の改善や開発に役立てることができます。

どのような対象者に調査を実施するかは事前に絞り込むことが多いです。
例えば年齢や性別、年収、住所などの条件を決め、絞り込むのです。
目的に応じて対象者の条件は変わるでしょう。

モニター調査は多くの企業が実施しており、対象とすべきターゲットを定めて調査を実施しています。
目的を明確にし、ターゲットのことを考慮した上で意味のある調査をすることが大切です。
調査で得られた情報を分析することにより、さらに消費者の満足度の高い商品の開発・改善に役立てることができるでしょう。
モニター調査は、とても有効なマーケティングリサーチの手法といえるでしょう。


モニター調査の方法について


モニター調査には、いくつか実施方法があります。
例えばインタビューが挙げられます。
これは対象者に対し、調査項目に関してヒアリングを行うものです。
例えば特定商品に関する調査の場合、どのような点が好んでいるのか、どのような点が不満か把握できるような調査項目を設定することにより、顧客の率直の評価・意見を把握することができます。
これらの情報は商品開発においてとても役に立つでしょう。

また、アンケートもよく用いられる方法となっています。
インタビューと同じように調査項目を設定して、それらについて回答してもらうのです。
選択式の場合、回答結果を集計することにより、定量的に情報を分析することができるようになり回答の傾向(回答者の傾向)を客観的に把握することができます。

この他にはグループインタビューという方法があります。
これはグループで特定のテーマ(商品やサービス)について意見を交わすものであり、インタビューと同様、対象者の生の声を把握できる点にメリットがあります。
また、グループ形式になることによって、議論が活発化し、より深い内容の情報を収集できます。

費用や目的に応じ、適切な方法で調査を実施することにより、有益な情報の取得に努めましょう。


調査を業者に委託する


モニター調査を実施する場合、自社で行うという方法もあるのですが、一定のモニターを抱えている調査会社に依頼する方が手間は掛からないでしょう。

また、調査会社はモニター調査のノウハウがあるため、目的に応じて適切な方法でリサーチを進めることができます。
どのようなデータを集めたいのか、その目的を伝えることによって、ニーズに合った方法を提案してもらうことができます。

モニター調査を自社で行う場合、まず調査に協力してもらうモニターを集める必要があり、お金も時間もかかってしまいます。
また、社内にリサーチに関するノウハウを有する人物も必要になります。
そのようなコストや人員をさく余裕のない会社の場合は、調査会社に業務を委託してしまうのがおすすめです。
調査を依頼すれば、結果が出るのを待っていれば良いのです。

このようなメリットがあるため、調査会社に業務を依頼するという選択肢を一度検討することをおすすめします。
いろいろな調査会社が存在していますが、問い合わせをすれば見積もりを出してくれます。
具体的にどのようなリサーチをするのか企画書を提出してくれるところもあるので、その内容を比較して、一番条件に合ったところに依頼するとよいでしょう。

モニター調査を実施することにより、顧客(消費者)の意見を把握することは非常に重要です。
積極的に調査を実施し、得られた情報を商品開発などに活用していきましょう。