介護用ロボットにおける市場調査

介護用ロボット業界について

ロボットは、今後私達の生活を様々な面からサポートしてくれるものと期待されています。ロボットは大きく分類して工場の製造現場等で利用される産業用のものと、人の身近で利用するサービス用のものがありますが、今後大きな需要が見込まれるのがサービス用ロボットです。

その中でも介護用ロボットは、介護スタッフ不足の問題を解決する有効な手立てとして期待されています。 日本においては高齢者の割合が年々増加し、今後さらに高齢者は増え続けていきます。一方、介護施設などで高齢者に対処する介護スタッフは慢性的に不足しています。 そのため、今後の介護サービスの担い手として、介護用ロボットの活用が期待されています。

介護用ロボット市場は、施設向けと居宅向けの大きく二つに分けられます。 この内、施設向けは政府が普及に力を入れていますが、居宅向けについては通販などでの販売等に留まっており、ほとんど普及していない状況です。

経済産業省は介護ロボットのさらなる普及に向け、開発や導入促進における補助施策を行っており、今後は居宅向けにおける需要拡大も期待されています。 今後の介護分野におけるロボット需要の拡大を見越し、大手企業や大学ベンチャー、あるいは起業家などが新たな介護用ロボットの開発や販売に参入してきています。

したがって、新規参入を検討している場合には、介護ロボットの需要に加え、参入プレイヤーの技術動向や開発動向、製品情報、販売動向などに関する情報を市場調査で把握し、それらの情報を参考に判断することをお奨めします。

介護用ロボット業界の未

介護に伴う作業を人間だけが担う時代は終わりに近づいています。人口減少と高齢化の進展に伴い、介護用ロボットは今後欠かせないものになると予想されています。

経済産業省の発表では、近い将来、介護職員の数が相当数不足する見込みです。一方で被介護者の数は増え続け、現状のような人の手による介護だけでは対応しきれなくなることが予想されます。

このため、政府は介護用ロボットの開発や、施設及び個人への導入促進に力を入れ始めており、政府や民間企業が一体となり、さらなる発展を目指しています。 また、介護用ロボットの技術も年々進化を遂げており、様々なものが存在します。

例えば寝たきりの人を起こしたり、車椅子に移動させたりするには大変な労力が必要となりますが、そういった際に移動を支援するロボットや、排せつや入浴などの日常生活をサポートするロボットもあります。

介護用ロボットを使うことに抵抗感を感じる人も存在しますが、とある調査では、ロボットの活用に肯定的意見が大多数を占めています。

ロボットの進展、介護される側の意識の変化もあり、今後は介護用ロボットを活用することが当たり前となるでしょう。

介護用ロボット業界における情報収集方法

介護用ロボット業界に関する情報を収集したいと考えた場合、いくつかの方法があります。1つは、公開情報の収集です。 例えば、経済産業省のサイトでは、介護用ロボットを含めたロボット産業をいかにして発展させていくべきかといった今後の業界に関する情報が収集できます。

さらに、内閣府所管の国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、介護用ロボットに関する情報を開示しているポータルサイトもあります。 このポータルサイトを参照すると、ロボット技術の介護利用における重点分野や、開発された介護用ロボット機器の紹介、あるいは研究開発プロジェクトなど多くの情報が記載されており、業界動向を把握する上でも有力な情報源といえるでしょう。

また、個々の参入プレイヤーの動向などより深い情報を把握するためには、専門業者を活用した市場調査が役に立ちます。 上記のようなホームページ上の情報には限りがあり、本当に把握したい情報を収集できない可能性が高いです。

専門業者に市場調査を依頼すれば、個々の参入プレイヤーの動向や製品の課題、今後の方向性など様々な有益情報を収集することができます。

有益な情報収集を行うのであれば、専門の市場調査会社の活用を検討してみましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >