コラム 海外調査

海外企業調査を活用しよう

海外企業調査の必要性と調査内容

国際化の波が押し寄せている昨今、海外へビジネス展開をしている企業は、年々増加をしています。海外へビジネス展開するときに、自社の力だけで行うのには限界があり、多くの場合は現地企業と提携を組みます。これらの企業は現地の事情に精通しており、提携を行うことでビジネスの成功につながりやすいためです。したがって、もし自分の会社が未開拓の国へ参入する場合には、どういった企業が存在していて、その内のどの企業と提携を結ぶことで成功に近づけるのかといった海外企業調査を行っておく必要があります。

また、海外企業調査では現地の企業情報やその企業の顧客情報などが把握できます。特に既に現地でビジネス展開している競合企業の実態把握においては、こうした調査は有効です。もしも競合企業の業績が伸びている場合、その理由やビジネス形態を把握できれば自社の現地進出に役立つでしょう。 この他、現地の市場動向を把握することもお奨めです。ビジネス展開予定国の展開サービスや製品の市場規模と変動の推移、参入企業と各企業のシェア率やその要因などが挙げられます。これらの情報は自社で情報を収集することも可能ですが、収集できる情報には限りがあり、時間もかかってしまうでしょう。

もし、専門業者を利用すれば費用は掛かりますが、より効率的かつ効果的な情報収集を行うことができるでしょう。海外でビジネスを成功させるのであれば、専門業者への調査依頼を検討してみましょう。

海外企業調査の実施方法とは

調査の内容は、国内でも海外でも変わりはありません。特定の国や地域に進出して事業を展開する場合、事前にその現地に関する情報を収集しておくことは今後の事業戦略の策定する上で大いに役立ちます。

海外企業調査では企業の業績や事業内容などを把握し、どのような企業と提携すればよいのか判断するための材料を収集でき、海外でのビジネス展開に役立てていくことができます。調査方法は主にヒアリング調査を用います。 ヒアリング調査では対象者などに直接ヒアリングを行い、情報を取得します。このため、現地でヒアリングしなければ得られない情報を入手することができ、情報量も多く、目的に沿った有効な調査が行えるでしょう。

但し、ヒアリングを行うため、相応の語学力を有数する人材が調査を行う必要はあります。もし、自社でそういった人材を有していない場合は、調査会社に業務を委託することも検討しましょう。

海外進出にあたって公的機関も活用しよう

国も企業の海外進出支援に積極的です。例えば、日本貿易振興機構は世界中に情報網を有し、かつ、海外進出を考えている企業に対する幅広いサポートを行っており、進出にあたって現地の法律や税務関係の相談をすることも可能です。

この他、こうした公的機関は進出検討セミナー、展示会などを開催しており、活用することで進出にあたっての情報収集も可能でしょう。但し、これらの公的機関で得られる情報は限られています。本格的に海外進出を検討し、詳細な情報を取得したい場合には、専門の調査会社に調査を依頼しましょう。海外進出は非常に魅力的ですが、リスクもあります。公的機関や調査会社をうまく活用し、海外進出を成功に導きましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >