中国の市場調査を依頼してビジネス拡大へつなげよう

成長し続ける中国市場の現状

中国はアメリカに次ぐ世界第二位の経済大国です。上海の高層ビル群に象徴されるように急激な経済成長を遂げてきましたが、近年はその成長が鈍化傾向にあるという見方も出ています。

それでも13億人を超える人口や、広大な土地や資源などを有しており、今後の経済成長においても大きな可能性を秘めています。

これまでは豊富な労働力や安価な人件費などを理由に、多くの企業が中国に工場を建設し、加工や組み立ての拠点としてきました。もちろん日本企業も例外ではなく、多数の企業が生産拠点として工場を設けました。

しかし、中国経済の発展に伴う人件費の上昇もあり、コストの安い新興国へと拠点を移す動きが強まっています。中国が世界の工場としての役割を果たしていたのは過去の話となりつつあり、今後は消費大国へと転換していくことが見込まれています。

中国の1世帯当たりの所得は都市部、農村部ともに増加傾向にあります。所得の増加に伴い、消費の拡大も期待できることに加え、世界一の人口数もあり、中国は世界の消費市場として大きな注目を集めています。一方、日本国内の市場は、少子化の影響などから今後縮小していくとの予想もあり、日本企業は中国など海外市場に活路を見いだそうとしています。

多くの日本企業は既に中国に進出していたり、進出を検討したりしていますが、ビジネスを成功に導くためには、事前の調査が重要です。例えば商習慣や流通構造などが日本と異なるケースもあり、こうした現地の情報は事前に海外調査で把握しておきましょう。

調査で得られた情報は分析し、効果的な事業戦略を策定し、事業拡大を図ることでビジネスの失敗リスクが軽減されるでしょう。

海外調査を外注するメリット

海外調査を調査会社などに依頼することで、海外ビジネスを展開する際の課題を浮き彫りにすることができます。もし、自社で調査を実施する場合、時間や移動費、滞在費などが必要となります。

また、情報を集めるためには現地の言葉を使い、ニュアンスなども含めてより正確に内容を理解する方が良いでしょう。その場合、日本語と現地の言葉の両方をネイティブのように扱うことができる調査員が必要になりますが、そうした人材を確保する手間が発生します。

このように、自社で海外調査を実施するには様々なハードルがあり、海外進出に対して足踏みしてしまうこともあるでしょう。そういった場合には、調査会社に業務を依頼するのがよいでしょう。

専門の調査会社に依頼する際は、まずどのように情報を把握し、どのような目的で活用するのかある程度明確にする必要があります。調査により把握したい内容によって内容や手法が異なるためです。また、依頼したいと考えている調査会社が、どの程度海外調査の実績や経験があるかを確認しておくことも大切です。実績のある調査会社を選ぶと、より効果的な調査を実施できるでしょう。

調査方法とは

海外調査の方法は複数あります。例えば、アンケート調査のように人数や割合などを明確に数値で表すことができる定量調査が挙げられます。

アンケート調査の場合、質問項目や対象のサンプル数を設定し、回答結果を分析することにより有意義な情報を見い出すことができます。回答を得る方法は電話や郵送の他、最近ではインターネットを利用する場合が増えています。

一方、ヒアリングによる定性調査では、現地企業や業界団体などへアプローチを行い、情報を集めるため、精度の高い情報を取得することが可能です。

他には公開情報を収集するという方法もあります。ウェブサイトにおける情報の他、業界誌などからも情報を得ることができます。

短いスパンで移り変わっていく海外の市場状況を把握するためには、海外調査は欠かすことができません。もし、中国の調査に関心をお持ちなった方は、早速マーケティングリサーチコンシェルジュに問い合わせをしてみましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >