包装用フィルムに関する市場調査を行おう

包装用フィルムとは

包装用フィルムは、私たちの暮らしの中に必要な、さまざまな物を包む際に使用するものであり、生鮮や加工食品の品質を保つ食品用や、医薬品の品質を保持するための医薬用など様々な使われ方がされています。 医薬用に使われる代表的なものとしては、錠剤用緩衝フィルムが挙げられます。

容器の中の錠剤の衝撃を和らげる目的や、医薬品を衛生的に包装する目的で利用されたりしています。また、食品用として使用される包装用フィルムは、目的等によって種類が異なります。

湿気を防ぎ酸性バリア性を有するものや、レトルト食品などに使用される高い強度と密封性を有するものなど様々です。 また、近年世界的にごみの排出を削減しようという取り組みが広がりつつある中、食品包装においては缶などの容器からパウチタイプへの切り替えが進み、家庭での廃棄がしやすいことからも人気を得ています。

さらに、フードロスへの取り組みが進む中、食品の賞味期限の延長や鮮度を保つため、バリア機能のニーズは高まっています。 こうしたバリアフィルムのように、高機能包装用フィルムの市場規模は成長が期待できます。

もし、参入の検討や現状の把握を行いたい場合には、採用されている素材やフィルムの種類確認等が必要となります。その際は詳細な市場調査の実施を検討しましょう。

包装用フィルム業界の将来性

容器、包装業界の市場は、近年活発化しているプラスチック廃止や廃棄物削減に向けた取り組みに伴い、需要は減少傾向にあります。一方、食品用、医薬用包装フィルムにおいては伸長傾向にあります。

その理由として考えられるのが、単身世帯や高齢世帯の増加、女性の社会進出などによる中食市場の拡大です。レトルト食品やレンジアップ食品は手軽かつ安全に調理可能であることから需要は拡大傾向となっています。

今後も単身世代の増加や高齢化社会の進行に伴い、食品用包装用フィルムは求められ続けていくでしょう。 医薬用の包装用フィルムにおいては、酸素による劣化を防止する脱酸素フィルムの需要増加が期待されています。

長期保管が可能で、かつ鮮度も維持できる脱酸素フィルムは、包装内の酸素を吸収して包装外からの酸素の侵入を防ぎ、品質を維持することができます。これまでメーカーに向けたサンプル品として出荷されていましたが、市場調査によれば2016年より食品用包装として使用が開始されて以降、需要は拡大を続けており、今後は採用用途の拡大によって、包装用フィルム市場の成長が期待されています。

業界の情報入手は市場調査会社の活用を

食品用、医薬用などの包装フィルム業界について詳しく調べるには、専門的な情報を入手できる市場調査会社を活用すると、業界の詳しい状況や今後の市場動向などに関する情報が収集できるようになります。

包装用フィルム業界について、インターネット上の情報だけでは、自分達の把握したい情報を十分に収集できないことや、情報の精度も低いものになってしまいます。市場参入を検討している場合には、最新の市場動向に加えて、今後の包装用フィルムのニーズに関する情報を入手した上で、参入のメリットやデメリットを検討し、慎重な判断を行う必要があります。

このため、独自のリサーチだけではなく、専門的な市場調査会社へ依頼することにより、情報量が増え、情報の質が高まり、より正しい選択が行えるような状態になるのです。 また、国内に留まらず海外市場への参入を検討している場合にも、市場調査会社の活用は有効です。市場調査会社は、国内のみに関わらず海外調査も行っており、現地への人員派遣、調査に関わる時間の全ての面において、無駄なく確実に調査を進められます。

また、市場調査会社では、市場参入や事業拡大に向けたリサーチの他にも、特定企業の状況把握や顧客における満足度調査など、ニーズに合わせてさまざまな調査サービスを行っており、どんな内容でも一度相談してみることをおすすめします。 市場調査会社の中には、ホームページ上に調査経験のある業種などを掲載している会社もあります。

このような情報を参考にして、安心して依頼できる会社を選んで、ビジネスの成功につなげましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >