事前事後調査と広告効果測定調査について

市場調査における事前事後調査の重要性

業績の拡大を図るため、新たな製品の開発を行う企業は少なくないでしょう。しかし、実際に開発した製品がヒットするかどうかは誰にも分かりません。こうしたリスクを少しで軽減するために行われるのが事前事後調査です。

例えば、製品を開発した際、一部の顧客に試用版を提供し、使用感や使い勝手を試してもらい、試用前と後の購入意向の変化を調査します。 調査を行うことで変化の要因を把握し、改善した上で正式に製品をリリースすることで、多少なりともヒットの確率を高めることができます。 また、事前事後調査は広告の効果測定にも用いられ、広告の出稿前と出稿後の状況を比較し、効果を検証し、広告施策の改善に役立てます。

具体的には調査結果をもとに広告予算の最適化や対象層、対象地域などの調整し、効果が最大限発揮されるよう改善を行います。 これを繰り返すことにより、広告施策の最適化を図ることができるようになります。したがって、広告効果を最大限発揮させるには事前事後調査は必須といえるでしょう。 このように事前事後調査は、事業を行う上で大いに役立つものあり、一度実施を検討してみるのもよいでしょう。

広告効果を測定し、プロモーション戦略の成果を明らかにする

現在出稿している広告媒体がどの程度認知され、どの程度の目的を果たせたのかを測定することを広告効果測定と言います。

広告効果測定調査では広告出稿前後での効果の変化を測定します。調査では広告がどのように認知されたのか、どの層にどのぐらい認知されたのか、などを把握することができます。 加えて、広告によって商品やサービスのイメージや購入意欲がどう変化したかも把握可能です。

広告効果測定の調査項目の1つとしてまず広告認知度があります。 広告認知度とはその広告を認識した人がサンプル全体でどれだけいたか測るものであり、継続的に調査を行うことで認知度の変化を把握し、プロモーションの効果検証に役立てることができます。

次に、ブランド認知です。その会社や製品・サービスのブランド力が広告によって、どのように認識されているのか、また自分達がイメージ付けしたい内容を正しく認識されているのか確認し、プロモーションの検討に役立てることができます。

このような情報の把握に加えて、広告出稿前後での製品・サービスの販売実績の変化も参考にすることでこれからのプロモーション戦略の練り直しを行い、状況の変更にも対応し、より良い施策を実行できるようになります。

自社の市場における立ち位置も考慮し、戦略を検討しよう

企業は、市場における立ち位置によって4つに分類されます。

まずは誰もが認識している市場を牽引していくような会社はマーケットリーダー、2つ目は業界上位に位置しながらもトップシェアまでは取れていないマーケットチャレンジャー、3つ目がシェアは小さいものの、独自技術やオリジナルブランドを有するマーケットニッチャー、最後にそのどれにも属さないマーケットフォロワーに分類されます。

自社が現在にどこに分類されているかによってプロモーション戦略は異なってきます。 自社の立ち位置と、プロモーションを行うことでどのような効果を得たいのか、定義した上で、プロモーションの効果を得やすいでしょう。その上で事前事後調査によって広告効果を検証し、施策改善を行うことをお奨めします。

 

MRCの対応業界・業種を見る >