リフォーム業界に関する市場調査を実施してみよう

需要が堅調なリフォーム業界

中年層が老後のために家をリフォームする需要は比較的安定してこともあり、リフォーム市場は堅調に推移しています。リフォームの内容はケースバイケースですが、水回りを中心に新築後、20年以上経過することで故障・破損が発生したり、劣化が目立つようになってきます。

このタイミングでリフォームを実施するケースが多くなっています。また、防犯対策や老後の生活対策でリフォームを行うケースも増えています。さらに、昨今では地震や水害といった災害によってリフォームせざるを得ないケースや、そうした災害に対応するためのリフォームも増加傾向です。 加えて、中古住宅・空き家住宅をリノベーションして販売するトレンドも登場しており、リフォーム市場を押し支えています。

このように、リフォーム市場は堅調であり、参入を検討するに値する魅力的な市場といえるでしょう。

リフォーム市場に参入する前に

リフォーム市場に関心を持たれた方もいらっしゃると思いますが、リフォーム市場といってもリフォームの施工業務、リフォームに使用する部材、リフォーム住宅の企画・販売等、様々であり、どの分野に参入するべきか検討が必要でしょう。

その際に役立つのが市場調査です。市場調査を行うと参入したい分野の需要動向やトレンド、参入プレイヤーや販売シェアに関する情報を収集でき、参入にあたってとても参考になるでしょう。 また、リフォーム住宅を販売する会社などであれば、競合の認知度や満足度に関する調査を行い、それらの情報を参考に自社ブランドイメージ戦略の検討に役立てることも可能です。

こうした調査はモニターに対して質問を回答してもらうアンケート調査だけでなく、インタビュー形式の対面調査による情報収集も実施し、目的に即した情報の把握が必要となります。市場調査を実施し、今後のリフォーム需要の動向やトレンドをいち早く把握することで、参入を成功に導きましょう。

市場調査を専門業者に依頼しよう

市場調査を実施する時に自社で行うべきか、専門業者に依頼するべきかで迷われる方もいらっしゃるかもしれません。専門業者は自社が有していないノウハウやネットワーク活用し、把握したい内容に対して最適な方法を提案できます。特に正確な情報を必要としている場合は、ノウハウを有する専門業者に委託することを検討しましょう。

目的や予算、納期等に応じ、適切な提案が可能です。もし、自社で行う場合は、調査内容を検討したり準備することに時間がかかってしまうだけでなく、調査にノウハウを有していない場合、望んでいた結果を得られない可能性があります。これまで調査を行ったことのない企業であれば、ノウハウを有する専門業者に業務を依頼することをおすすめします。

また、市場調査を委託する会社選びも重要です。特に初めて調査を行う場合、どんなことが把握できるのか丁寧に説明をしてもらえる企業を選択しましょう。

加えて、把握したい業界・分野に知見・実績を有している企業を選択すれば、大きな失敗をすることはないでしょう。多くの調査会社はHPで業務内容を掲載しているので、それらを確認し、実際に問い合わせをしてみましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >