レンタルオフィスの市場調査

時代のニーズにマッチしたレンタルオフィス

事業を営むには、その場所が必要です。これまでは自社で不動産を保有し場所を確保するか、契約を締結して場所を借りるという方法が一般的でした。

しかし、働き方の多様化、小規模なスタートアップ企業の増加などに伴い、それらのニーズに適合するレンタルオフィスの需要が高まっています。レンタルオフィスは仕事に欠かせないデスクやチェア、コピー機や電話回線、インターネット関連設備などが初めから整っていることが特徴です。

入居してすぐにビジネスを始められるほか、初期投資が抑えられるため、資金に余裕がない小規模のベンチャー企業などのニーズとマッチしています。

さらに近年は、大企業が利用するケースも増えています。大きなプロジェクトを推進するための期間限定オフィスとしての利用や、遠距離のオフィスまで通勤するのが困難な妊娠中の女性社員、親の介護をしなければならなくなった従業員を自宅近くで就労できるようにするサテライトオフィスとして利用するためです。 こうした需要の高まりもあり、レンタルオフィス事業への参入を考えている経営者や企業が増えています。

しかし、そうした事業を行うにはターゲットやニーズの分析、採用するオフィス形態のタイプや規模など具体的な戦略を立てる必要があり、そのための市場調査が重要となるでしょう。

ICTの進化とライフスタイルの変化に伴うレンタルオフィスの成長期待

近年、レンタルオフィス業界が活性化している背景には3点のダイナミックな変化があります。

 

・第一にICTなどテクノロジーの進化です。

昭和時代のように固定電話同士でのビジネスは少なくなり、モバイルやパソコンを活用した移動型、回遊型のビジネススタイルが定着しつつあります。これに伴い、人が働く場所を一か所に固定する必要がなくなったため、必要な場所に必要な期間だけ利用できるレンタルオフィスを活用した働き方が広がったのです。

・第二に働き方改革の推進が挙げられます。

オフィスへの移動時間を短縮し、業務効率の改善を図ること、通勤が困難でも働きたい妊婦や未就学児を抱える従業員に効率的に業務を行ってもらうために、レンタルオフィスの活用が進んでいます。

・第三は若年層を中心としたライフスタイルの変化です。

都会の喧騒を避け、落ち着いた環境で業務に取り組みたいというニーズは高まっており、レンタルオフィスの活用を後押ししています。 こうした動きもあり、レンタルオフィスのニーズはさらに高まるとみられています。

 

さらにテレワークへの対応に関する重要性が高まる中、これらの普及に貢献できるレンタルオフィスは今後も需要拡大が期待されています。特に、成長が期待されているレンタルオフィスの形態として、コワーキングが挙げられます。これは一つの会社や団体がオフィスを独占的に使うのではなく、複数の異なる企業が事務スペースだけでなく、会議室や休憩室などを共有するものです。

こうしたオフィス形態ではスタートアップ起業家や大企業の勤務社員、フリーランスらが集まり自然に異業種交流が行われるため、新しい発想でのコラボレーションが生まれる可能性があり、新たなレンタルオフィスの需要として期待されています。

新規参入には専門会社の調査分析が不可欠

レンタルオフィス市場は拡大し、ニーズも多様化しています。もし新規参入を考えているのであれば、少なくとも四点に関する調査が必要です。

 

・第一に市場の成長推移と現状の市場規模、今後の市場成長に関する情報の把握です。

これらは資本や人材の投入計画に直結します。

・第二に先行企業に関する情報の把握です。

対象企業の状況を把握し、自社がどのような戦略を採るべきか判断する際に役立ちます。

・第三はサービス内容に関する情報です。

どのような形態のオフィスに借り手が増えているのか、設定価格はどのくらいか、どのようなサービスがあれば需要が増えるかといった情報も今後の参入を考える上で重要でしょう。

・第四はサービスや業界における課題に関する情報です。

こうした情報を把握することで、事業を行う上でのリスク管理、他社との差別化に役立てることができます。

 

これらの情報を細かく把握し、収集するには時間もかかり、自社で行うのは困難です。このため、ノウハウを有する市場調査会社の活用をお奨めします。第三者である市場調査会社が調査を行うことにより、バイアスが掛からず客観的な視点で情報が収集でき、参入を検討するにあたって有益な情報が収集できます。

もし、参入を検討しているのであれば、市場調査会社を積極的に活用しましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >