コラム ベンチマーク調査

他社の分析に売上調査などを活用しよう

売上高など様々な情報を把握できる


競合企業を分析し、有効な戦略を立案・実行することは、競争に打ち勝つためには必要不可欠といえるでしょう。
専門のリサーチ会社を活用すれば、競合企業の分析に役立つ様々な情報を収集できます。

例えば、売上高に関する情報です。
売上調査を実施すると特定企業や特定商品・サービスに関する売上高の情報が収集できます。
直近の売上や過去の推移をみると、業績の背景が理解できるようになるでしょう。

また、売上高に関する情報を収集することにより、自社や競合企業の業界における立ち位置が把握できるようになるでしょう。
これらの情報は自社の事業戦略など立案する際にとても有用といえるでしょう。

この他には、特定企業や特定商品・サービスの販売先、販売ルート(直販、代理店など販売チャネル)に関する情報も収集可能です。
こうした情報は自社の販売戦略を立案するにあたって参考になるでしょう。
この他にも、特定企業の組織体制に関する情報など様々な情報を収集することができます。
専門のリサーチ会社をうまく活用し、様々な情報を収集することによって、より有益な競合企業の分析を行っていきましょう。


他の企業の戦略を浮き彫りに


業績を伸ばすためには、有効な戦略の構築が重要です。
このため、社内で定期的に戦略会議を実施している企業は少なくありません。
有効な戦略を立てることは、ビジネスを成功に導くために重要です。
競合となる企業やサービスに関する情報を収集することは、有効な戦略を立てるにあたり非常に役立ちます。

例えば、売上調査を実施すると他社の業績状況が把握でき、そこから他社がどのような戦略を取ってくるか想像することができるでしょう。
また、特定企業・製品の売上高を把握することにより、市場環境の分析や自社の立ち位置、サービスの長所や短所の理解も進むでしょう。

この他、他社の開発に関する情報収集も、有効な戦略を構築する上で重要です。
他社がどのような製品やサービスの開発を検討しているのか把握することにより、自社の開発戦略の検討に活用できるでしょう。

また、いくら良い製品やサービスを開発しても、それが周囲に認知されなければ売上拡大に繋がりません。
製品・サービスの認知を高めるための手段としては広告があります。
もし、広告を活用して新製品やサービスを売り出そうと思った際に、どのような広告戦略を立てるかは重要なことでしょう。
この広告戦略を策定するにあたって、他社の戦略をチェックすることは有効です。

他社の広告戦略に関する情報を収集することにより、どの属性をターゲットにしているのか、宣伝にあたってどのようなツールを活用しているのか情報を収集することにより、自社の広告戦略の参考にすることができるでしょう。


収集した情報はどのように活用できるのか


前述したような特定企業や製品・サービスに関する情報を収集することを、ベンチマーク調査ともいいます。
ではリサーチで得られた情報はどのように活用すればいいのでしょうか。

一つは、新規事業の策定時の活用が挙げられます。
新規事業を立ち上げる場合、すでに参入している企業の情報を収集すれば、戦略を立てる上のヒントを得られるでしょう。
また、リサーチで得られた情報から参入企業に関する理解を深めることにより、参入メーカーの有していない製品やサービスの開発を行い、差別化を図るといったことも可能となるでしょう。

こうした手法は既存事業にも活用可能です。
例えば競合他社の売上が自分たちと比較して好調であれば、その要因をリサーチして自分たちの戦略に転用できるでしょう。
また新製品を投入する場合、どのような効果的な売り込み方法があるのか、業績が好調な企業の手法を参考にすることも可能です。
さらに営業体制を見直す場合においても、他社の状況を参考にすることも考えられるでしょう。

事業の投資計画を立てる際にも、こうした調査は有用です。
参入企業の今後の市場予測に関する情報を収集することにより、自分達がどの程度の売上高を目標にし、それに対してどの程度の投資を行うべきか参考にすることができるでしょう。

このように特定企業や製品・サービスに関する情報収集することで、今後の事業発展に活かすことが可能となります。
自社にとってどういった情報収集が必要なのか、一度検討してみると良いでしょう。