スマートグリッドに関する市場調査を行おう

時代の最先端を突き進むスマートグリッド

国家の枠を超え、地球規模で環境問題に取り組む必要性が高まっている昨今、有効な施策の1つとして期待されているのが次世代送電網、すなわちスマートグリッドです。 スマートグリッドは、需要者の詳細な電力消費量などを把握して、必要に応じた電力を最適な形で提供するという仕組みです。

これは単純に必要な電力を詳細に把握することによって、計画的な発電計画が立てるということに留まらず、家庭や工場などに自家発電(太陽光発電や風力発電など)を導入し、地域の発電と電力会社の発電を組み合わせ、エコエネルギーの拡大に繋げていくことが期待されています。 また、そうした技術を活用して地域全体の電力の有効活用や管理を行うスマートシティへの取り組みも進み始めています。

スマートグリッドにおいてカギとなっているのは、通信技術によって需要者の電力使用状況などの情報をリアルタイムに入手できるスマートメーターです。日本国内でもすでに、電力会社と関連業界の企業が手を結び、スマートメーターの設置や開発を進めています。

スマートグリッドによってエネルギーの地産地消と計画発電が可能となり、その結果、省エネルギーやクリーンエネルギーが大きく進展することが期待されています。このため、電気や通信関連の企業にとって今後大きなビジネスチャンスが期待できる分野であり、様々な企業の参入検討が行われています。

スマートグリッドが持つ有望性

スマートグリッドは、スマートシティのような広域でのエネルギーシステムにおいて重要なインフラの役割を担うことを期待されています。成長の著しい海外においては、地域の発展においてスマートグリッドのようなインフラの整備が必要不可欠となっています。

また、災害の多い日本においても、地震や水害などによって電力会社からの電力供給が滞ってしまった場合にも、活用できる自家発電を感知し、災害から復旧するまでに必要な電力供給できるような仕組みが求められています。

アメリカをはじめ世界各地では、スマートシティの実用化に向け多額の資金を投じており、こうした取り組みは拡がりを見せています。このように世界中に需要があるのがスマートグリッドであり、それらの関連ビジネスは非常に有望であるといえるでしょう。

スマートグリッド関連の情報収集は市場調査会社に依頼を

非常に有望性のあるスマートグリッド分野ですが、その市場動向や市場規模などの詳細情報が必要な場合には、信頼のおける市場調査会社に業務を依頼するのが賢明です。今後その業界に何かしらの形でコミットしていくのであれば、自力で集めた情報程度では不十分でしょう。

積極的に事業を展開していく必要があるのか判断するには、市場調査会社も活用し、様々な情報を収集した上でおこないましょう。 また、市場調査を依頼する場合、どのような情報を把握したいのか具体的にイメージすることが大切です。

そして、収集した情報をどのように活用するのか、その結果どういった効果が得られるのか検討してみましょう。 スマートグリッド業界は比較的新しいビジネスフィールドであり、市場動向やサービス動向も刻々と変化しています。

市場調査によって最新の動向の収集し、今後のビジネスに繋げていきましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >