街頭調査で顧客のニーズを把握する

顧客のニーズを把握する手法

製品やサービスを開発、販売するのであれば、的確に顧客のニーズをつかんで業績を伸ばしていけるようにしなければなりません。これまで同じような製品が売れていたという理由だけで、その製品を真似て新しい製品を売り出しても成功するとは限りません。

また、以前であれば会社の名前やブランド力だけで売り上げを拡大することもできましたが、今では様々な製品の情報・評判が手軽に入手できるようになり、顧客の視線も厳しくなっています。社内の技術などに自信がある会社ほど、良いものを提供すれば必ず顧客も分かってくれて自然と売り上げも伸びるだろうと思ってしまいがちですが、現実にはうまく行かないケースもあります。

商品やサービスは、顧客の欲求を満たすためのものであることを再認識して、顧客が何を望んでいるのかを知ろうとすることが重要です。商品やサービスの販売状況を調べて顧客のニーズを把握する方法もありますが、直接顧客に対してアプローチを行い、ニーズを把握する方法もあります。

企業向けのビジネスの場合、取引先やその候補となる企業の担当者にヒアリングを行うことでニーズの把握を行うことができます。自社製品・サービスの感想・課題や、今後どんな製品・サービスが必要かヒアリングできれば、今後の開発戦略等に活かすことが可能です。

ただし、ヒアリングに対応したくない企業もあることや、ヒアリングに応じてもらってもいきなり的確な答えを得るのは難しいので、話の進め方や質問の仕方などを工夫して相手の本音を聞き出す必要があります。こうした業務はハードルも高いため、ノウハウを有しており第三者の目線で回答を得ることができるマーケティングリサーチ会社に依頼するのもよいでしょう。

また、顧客が一般の消費者であれば、街頭調査などを行ってニーズを把握する方法があります。

ニーズ調査のサービスはこちら

街頭調査とは何か

街頭調査は、調査員が街頭に出て歩行者に声を掛けてアンケートやインタビューに答えてもらう調査方法です。街頭調査の特徴として、調査員がその場で対象者を選別することができる点が挙げられます。逆にいえばどのような対象者に調査を行うのか事前に明確にしておかないと、必要な結果が得られなくなってしまいます。

また、街頭調査は一見簡単そうに思えますが、アンケートに答えてもらう人をその場で素早く選ばなくてはなりませんし、路上で何も知らない人に声を掛けてアンケートに答えてもらうのは難しい作業です。このため、街頭調査を成功させるには、マーケティングリサーチを専門とする会社に依頼するのが適切です。

マーケティングリサーチ会社は、要望に応じて市場や消費者の動向・傾向などを調査しています。街頭調査も業務内容の1つとして、要望に応じて適切に調査を実施してもらえます。依頼するための費用は必要となりますが、自社内のスタッフで行うよりも効率的に品質の高い調査を実施できるでしょう。

コストを節約したい企業では自社内のスタッフで調査したいと考えがちですが、調査に不慣れなスタッフが作業を行っても有効な回答数を集めるに大きな時間を要してしまう可能性があり、状況の変化に伴い調査自体が無意味になってしまう可能性も考えられます。こうした点からも専門業者に業務を委託することを検討してみましょう。

街頭調査を意義あるものに

街頭調査などは、マーケティングリサーチ会社に依頼するのが適切ですが、ただ依頼するだけではいけません。調査する前に依頼する側の事情や意向を伝えて、調査を意味あるものにする必要があります。

依頼を行う前にはリサーチ会社と打ち合わせを行い、調査内容を決めて行くことになりますが、内容について何か分からないことがあったら質問をすることが大切です。調査内容について擦り合わせをきちんと行わないと最終的に希望していた内容とは異なるものが出てくる可能性があります。

マーケティングリサーチ会社は街頭調査などの調査に関する専門家ですが、依頼側の目的や要望について最初から把握しているわけではないので、きちんと事情を伝えた上で内容の設定を行いましょう。マーケティングリサーチ会社と十分に打ち合わせをして街頭調査を行えば、有意義なデータが得られます。

さらに得られたデータの意味をきちんと理解して、販売する製品やサービスの参考にすることでターゲットとなる人たちの意見に応えることが大切です。せっかく価値あるデータがあっても、そのデータを製品開発などに有効活用しなければ無意味なものとなってしまいます。

今後の製品やサービスの開発、販売戦略などの検討において街頭調査などを組み込んで、得られたデータを積極的に活用していきましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >