コラム 市場調査

注目を集めるサブスクリプション型のビジネスとは

サブスクリプションの意味、メリットやデメリット

 

最近では商品やサービスの提供において、従来一般的だったプロダクト型ではなく、サブスクリプション型のビジネスモデルも登場しています。

プロダクト型ビジネスでは、商品やサービスを売り切りのスタイルで提供し、顧客はその所有権を取得します。

一方でサブスクリプションは、サービスや商品を一定期間ごとに料金を徴収し、顧客は期間に応じた利用権を得るビジネスモデルを意味し、最近になって注目を集めています。

従来ではソフトウエアや動画、音楽などのデジタルコンテンツに採用されることが多かったサブスクリプションですが、最近では自動車などの業界にも採用されています。

自動車業界においては、所有から利用への価値観の変化において、月額制で自動車をレンタルするサービスが登場しており、これから先、サブスクリプションはさらに多くの業界に採用されていくでしょう。

 

このように昨今注目を浴びているサブスクリプションですが、採用している業界は多岐にわたります。

まず、サブスクリプション型ビジネスを実践するにあたっては、このビジネスモデルで得られるメリットやデメリットについて、理解を深めておく必要があるでしょう。

メリットについては継続的に売上高を得られること、初期コストが抑えられるため、参入が容易であることなどが挙げられます。

一方、デメリットはビジネスの初期段階では大きな売上高を得ることが難しいこと、期間に応じた契約であるため継続的にサービスを改善しないと顧客の離脱を招きやすいことなどが挙げられます。

メリットとデメリットの両方を理解した上で、自社で採用できるものか検討してみましょう。

実際にサブスクリプションが採用されている事例

サブスクリプション型のビジネスを理解したのちは、実際に採用されている事例を研究してみましょう。

事例を研究してみることによって、自社でどのようにサブスクリプション型ビジネスを取り入れるべきか想定できるでしょう。

例えば、サブスクリプション型のビジネスとして挙げられるのが、音楽ストリーミングサービスです。

こちらは、一定期間の料金を支払うことで、期間内にサービス内の曲を好きなだけ聴くことができるものである。機能面も充実しており、オリジナルプレイリストを作成したり、お気に入りのコンテンツをSNSでシェアしたりすることも可能です。

 

また、サブスクリプション型のサービスが普及し始めているのが自動車業界です。月額制で一定期間、車を利用できるサービスです。

ユーザーにとっては、自動車を購入する場合と比べるとイニシャルコストが抑えられることに加え、各種税金や保険料、車検費用といったランニングコストも掛からないので、気軽に利用することができます。

現状ではリース会社や自動車会社がビジネスとして成立するか模索している段階であり、今後どのようにサービスが発展していくのか注視していく必要があるでしょう。

この他、コンタクトレンズにおいても購入ではなく、月額制で期間中に好きなだけ交換できるサブスクリプション型のサービスが急激に普及しています。

さらに、最近では衣服においてもこうしたサービスが登場しています。期間内であれば、様々な服を着用することができ、ユーザーが服を着用してみて気に入った場合はそのまま購入することもできます。そのため、企業としてはプラスアルファの利益を手にできるビジネスとなっています。

このようにサブスクリプション型のビジネスは様々な業態に普及しつつあり、今後さらなる拡大が見込まれます。こうした多くの事例を参考に、サブスクリプション型のビジネスについて検討してみましょう。

本格的にサービスの展開を検討する際には

もし、これからサブスクリプション型ビジネスの展開を本格的に検討する際には、どの程度業績が見込めるのか事前にリサーチをしておくことが大切です。

リサーチにあたっては専門会社を利用するのがお奨めです。戦略策定のために必要な市場規模や顧客ニーズ、競合他社などに関する情報の収集に努めてくれます。

また、マーケティングリサーチを実施するにあたっては、調査方法や情報の活用方法、費用の相場など基本的な事柄を理解しておく必要があります。それらの事柄に関する疑問や不安がある場合には、専門の業者に質問や相談をしてみるのも良いでしょう。

マーケティングリサーチ会社をうまく活用しながら、事業化の検討を進めてみましょう。