監視カメラに関する市場調査を行おう

監視カメラに関する市場調査を行おう

監視カメラは様々な種類があり、その中でももっとも一般的なものがネットワークカメラです。ネットワークカメラは監視カメラとコンピューターが一体化したものであり、カメラの設置場所と離れた場所でも情報を確認することができるもので、防犯やテロ防止のために、街頭などに設置されています。また、カメラの画像情報を解析して、危険人物の特定に繋げるなど映像解析における活用は進んでいます。

以前から利用されている車両ナンバーの自動検知はもちろん、飛行場や商業施設における防犯にも活用が進んでいます。 また、最近の監視カメラは固定タイプに留まりません。 例えば、ビルの夜間巡回などに利用される警備用ロボット型の監視カメラが挙げられます。

このタイプのカメラは不審物や人物を検知すると、警備室や監視センターに連絡が入るというシステムが構築されています。 さらに空中から監視を行う手法も注目されています。これはドローン型の監視カメラが空中を飛び、巡回警備を行うものです。

これは警備における人員不足しがちな大型イベントでの活用が期待されており、特にオリンピックなどの大規模なスポーツイベントなどでまず利用が検討されています。 また、最近ではホームセキュリティー分野における活用も進んでおり、高齢者や子供、ペットの見守りなどに利用されています。

このように監視カメラは技術の進展に伴い、様々な分野で活用されており、今後の成長が期待できる分野といえるでしょう。

監視カメラの今後の有望性

監視カメラは従来のアナログタイプのものからより多機能で高性能なカメラへの切り替えが進んでいます。また、カメラの画像を高精度で解析を行うシステム、スマートフォンなどでチェックできるアプリとタイアップしたシステムなども人気となっています。

加えて、これまで警備員が目視で確認していたところを車番認証システムとカメラを活用することで、工場や企業の立ち入り制限に役立てるケースも今後増えていくと期待されています。 警備ロボットやドローンカメラは実際に導入しているところはまだ少ないですが、今後の人口減少社会において人手不足を補うこれらの製品の需要は確実に高まると期待されています。

また、家庭用のおける監視カメラの需要も増加を続けると見込まれます。両親が不在の自宅における子供の様子チェックや、高齢者の単身家庭における見守り確認といった需要が高まっているためです。このように監視カメラの有望性は高いといえ、今後の市場の成長が期待できる分野でしょう。

市場調査を実施しよう

このように有望な監視カメラの市場ですが、市場規模等を詳細に把握したいのであれば、市場調査を実施することをお勧めします。市場調査は自らの手で実施することもできますが、監視カメラの技術は日進月歩で進化していることに加え、利用される分野も拡大しており、常に最新の情報を把握していくことが必要です。

しかし、そういった監視カメラ業界に関する詳細な情報をインターネット上で把握するのは難しく、独自で行うとなると大きな手間が掛かるでしょう。そこで市場調査を専門に行っている会社に業務を依頼するのが非常に有効です。 市場調査会社には様々な会社がありますが、まず会社によって対応できる調査内容に違いがあります。また、得意としている業界などにも違いがあるため、各社のHPなどを参照するのが良いでしょう。

また、わからないことがあればその会社のHPに問い合わせてみましょう。 また、見積もり依頼を行う際はどのような内容で市場調査を依頼したいのか、期間はどのくらいか、調査結果をどのような目的で活用するのかといった点を伝えるとより目的に沿った具体的な提案を受けられるでしょう。

うまく市場調査会社を活用し、有望な監視カメラ市場の実態把握に努めましょう。 マーケティングリサーチコンシェルジュでは、50年以上にわたり、様々な企業のサポートを行ってきた実績がありますので、質の高い情報を収集することが可能です。ぜひ問い合わせください。

 

MRCの対応業界・業種を見る >