テレビの概要と市場動向を把握しよう

テレビとは

テレビとは電波を使って映像を伝送し、受信機に映像を再現する技術またはそのための装置そのものを指します。テレビの映像はカメラによって撮影されたデータを走査線として描けるように分解され、電気信号に変換されます。この電気信号はケーブルなどを使って電波塔へと送信され、電波として各家庭に送られます。また、各家庭においてはアンテナを活用して電波を受け取り、その電波を電気信号から改めて走査線に変換することにより、画面に映像を表示することが可能となります。

受信機としてのテレビは1926年に日本の高柳健次郎博士が世界で初めて電子映像表示に成功したのを皮切りに1939年に日本放送協会(NHK)が初めてテレビの公開実験を実施しました。その後、1953年にはテレビ放送の開始に合わせて白黒テレビが発売され、1960年にはカラーテレビが登場しました。その後は1990年にハイビジョンテレビ、2003年には地上波デジタル放送の開始に合わせて、液晶などのデジタルテレビが登場しました。2014年以降には4K放送や8k放送が開始されるなど、テレビの高画質化・高精細化が進み、現在に至っています。近年では地上波放送・BS放送以外の映像コンテンツが豊富に提供されていることから、スマートテレビなどの需要が高まっています。

テレビ市場の動向

国内における薄型テレビの市場を見てみると、2021年以降は販売実績を減少させている状況です。要因としては新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛によって発生したテレビの買い替え需要の反動や、国内の消費自体の低迷などが挙げられます。

一方、販売台数は減少しているものの、高価格帯のテレビの販売実績は増加傾向となっています。4Kテレビや有機ディスプレイの構成割合が上昇傾向であり、薄型の大型テレビのモデル数量構成比も上昇しています。

今後の展望について

テレビの今後については、スマートテレビの市場規模の成長がカギを握っているとみられています。スマートテレビとはインターネットに接続できるテレビのことで、地上波放送やBS放送に加えて、YouTubeやNetflixといった動画サービスや映像配信サービスも楽しめます。また、ミラーリング機能の活用によりスマートフォンの画像をテレビの大画面に映して操作したり、ビデオ通話ツールとして使用したりできるのも、スマートテレビの特徴です。

こうしたことに加え、テレビ解像度の進歩やインターネットの高速化も後押しし、スマートテレビ市場は将来的に大きく成長すると予測されています。

一方で、若年層のテレビ離れが加速化していることもあり、映像コンテンツをテレビではなく、スマートフォンやタブレットなどのデバイスで楽しむのが一般的になりつつあります。このため、再度テレビに注目してもらうためには、コンテンツの内容はもちろんのこと、テレビに付帯する機能性の向上などによって、需要を高めていく必要もあるでしょう。

このように今後も変化の動きが激しいテレビ市場において、ビジネスで成功するには徹底した市場調査や入念なマーケティングリサーチなどによって、マーケットのニーズや競合の動向などを把握することが求められます。

マーケットの状況を正しく把握・理解した上により、ビジネスをどのようなコンセプトで、どのように展開していくかを定めやすくなるでしょう。

ただし、自社のみで市場調査を実施するのは、収集できる情報に限度があることに加え、市場調査のノウハウがなければ、有益な情報を収集できるとも限りません。それでは、ビジネス展開のための戦略立案に影響が及ぶかもしれません。そこでおすすめしたいのが、市場調査を専門に行う調査会社の活用です。市場調査会社には、これまでの実績に加えて、独自のノウハウが蓄積されているため、有益な情報収集が期待できるでしょう。

「マーケティングリサーチコンシェルジュ」ではご相談を無料で受け付けております。

ビジネスを成功させる基礎となる情報を得るために、市場調査会社によるマーケットリサーチの実施を検討してみましょう。

 

 

MRCの対応業界・業種を見る >