コラム 市場調査

テスト・マーケティングを行おう

テスト・マーケティングとは何か


テスト・マーケティングとは新商品・サービスを販売するにあたり、事前に有用性を図るための手法です。
事例としては地域を限定して商品を販売し、売り上げ動向などを確認するケースや、A案、B案の双方の広告を同時に出稿してみることなどが挙げられます。
新商品を販売するからにはできる限りシミュレーションをしっかり行った上で、売上計画を立てるべきあり、その際にはテスト・マーケティングの活用が重要と言われています。
実際にテスト・マーケティングの活用を検討しているなかで、具体的にどのような目的・効果があるのか知りたい方も多いでしょう。
ここではテスト・マーケティングの効果についてご紹介します。

第一に販売リスクを最小化できる点です。
商品を販売するにあたって売れ残りや過剰在庫のリスクは付き物ですが、なるべくこのようなリスクを減らして販売をしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。
また、多大な生産設備に関わる問題や広告予算の確保といった問題もあります。
リスクを最小化するためには商品が消費者からどのような評価を受け、どのくらいの人が、どのくらいの頻度で購入するのかといった緻密なシミュレーションが必要となります。
テスト・マーケティングではこうしたシミュレーションが可能となります。

その他の効果としてはターゲットや商品、広告に対する明確な評価を把握できることがあげられます。
例えば商品を開発している段階では30代くらいの人が購入するだろうと思っていても、実際に販売をすると高齢者に大人気となることもあります。
また、商品を購入して最初は良いと思ったことがすぐに飽きられて継続的な購入に繋がらないケースもあります。

また、広告による違いによって商品に対する反応が異なるケースもあります。
このような状況で、全国展開を前提に販売戦略を立て、生産設備の整備、広告投下、営業担当者への教育などを実施した場合、設備投資した費用を回収できない、不良在庫を抱えるなど、会社の業績に大きな影響を及ぼす可能性もあります。
テスト・マーケティングをしっかりと行えばこのようなリスクを軽減できます。

テスト・マーケティングの調査の種類について


テスト・マーケティングは失敗のリスクを軽減するために有効な手法ですが、大きく分けると2種類の方法が存在しています。

まず1つ目は実市場でのテストです。
これは特定の販売チャネルや場所、地域に限定して、商品の販売を行い、その販売動向を検証する手法です。
メリットとしては特定の場所や地域に限定されるものの実市場における販売動向の実データを収集できる点です。

2つ目はシミュレーションによる調査です。
これは模擬市場(テスト会場)の中で商品の販売動向を検証する方法です。
模擬市場において他社製品と自社製品を販売することにより、マーケティングシェアを予測することが可能になります。
模擬市場で行うテストは実市場で行うテストと比べて、時間や費用を抑えられます。
しかし、得られる情報の精度や量に関しては実市場のテストと比べて劣ってしまいます。
このように、大きく分けると2つの方法があるので、どちらを選択するかは慎重に考えながら効果のありそうな方法を選ぶようにしましょう。

マーケティング調査会社の豊富な調査手法


テスト・マーケティングでは商品の売上や広告に対する反応といった形で効果が目に見える形で現れます。
調査会社を活用するシーンとしては、商品の販売動向の要因、消費者の評価などを収集するための調査を行う場合があげられます。
例えば、商品を販売した後に実際に使ってみた感想はどうか、なぜ購入したのか、今後も購入したいかなど販売後の評価を調査したいというケースも多いでしょう。
マーケティング調査を行う会社ではこのようなニーズに対応した様々な調査ノウハウを有しているため、興味の有る方は依頼を検討するといいでしょう。

また、マーケティング調査を行う会社では海外調査を行っているところもあります。
例えば国内のみならず海外でも商品を販売したいと思っている企業は多いでしょう。
しかし、海外は日本と違う文化になるので、日本では売れても海外では商品が全く売れない可能性もあります。
実際に海外の現地におけるニーズを聞くことは大切なので、こういった場合には海外調査を行うといいでしょう。
このように、テスト・マーケティングに関連した様々な調査を行っているところは多いので、色々と調べてみたい内容がある場合はマーケティング調査を行う会社に相談するといいでしょう。