タッチパネルの概要と市場動向を把握しよう

タッチパネルとは

タッチパネルとは指や専用ペンなどで画面に直接触れることで、接続した機器の操作が可能となる入力デバイスです。キーボードなどを使う必要なく、指でタッチするだけで直感的に操作できるため、機器の操作に慣れていない方でも容易に使用できる点が大きなメリットです。スマートフォン・タブレット端末や携帯ゲーム機、PCのディスプレイに多く採用されているほか、駅の券売機や銀行のATM、スーパーやコンビニエンスストアのレジ端末などでもタッチパネルが使用されており、日常的によく見かける製品です。

なお、タッチパネルの検出方式は主に2つのタイプがあります。その1つは「抵抗膜方式」です。この方式はタッチした1点の電圧変化で検知するタイプであり、ATMや券売機などに採用されています。もう1つはスマートフォンなどに採用され複数のタッチに対応している「静電容量方式」です。

タッチパネル市場の最近の動向

タッチパネルはスマートフォンやタブレット端末が普及に加え、ショッピングや飲食、公共機関の利用でも利用する機会が増えており、今や日常生活に欠かせない存在となっています。さらに新型コロナウイルス感染症流行の影響に伴い、リモートワークやオンライン授業が普及すると、タブレット等におけるタッチパネルの需要も増加しました。

しかし、製造装置があればそれほど技術的な参入障壁は高くないのがタッチパネル市場であり、現状では多くのメーカーが参入した結果、競争が激化しています。タッチパネル搭載のモバイル端末の普及とともに、タッチパネルの市場規模も拡大してきました。

しかし、近年スマートフォン市場の成長は頭打ちになりつつあり、タッチパネル市場の成長率も鈍化傾向となっています。また、スマートフォンの技術も頭打ちになっており、今後、スマートフォンが登場したばかりの頃のような革新的な技術の進展は難しい状況です。

こうしたから、タッチパネル市場は技術革新よりもコストを重視する傾向がより強くなっています。

今後の展望について

タッチパネルの需要の多くを占めるスマートフォン市場が頭打ちになっている中、今後は市場に参入した多くのメーカーの整理や集約、淘汰が進むと予想されています。一方、タッチパネルは依然として幅広い用途に搭載されている機器です。自動車のカーナビゲーションシステム向けタッチパネルにおいては、抵抗膜方式から静電容量方式への普及が引き続き進むと予想されていることに加え、スマートフォン等においては折りたたみができるフレキシブルタイプのタッチパネルの普及が進むなど、市場自体は拡大が続くと予想されています。

しかし、タッチパネル市場はすでに多数のメーカーが参入しており、競争が激しい状況です。このような状況で他社に打ち勝っていくためには、市場動向や他社の動向の把握が欠かせません。そのため、市場調査やマーケティングリサーチを実施し、現状のマーケットを把握するのが必要不可欠です。

しかし、自社で市場調査やマーケティングリサーチを実施するには限界があるため、有益な情報の収集が期待できるプロの市場調査会社に依頼してみましょう。

マーケティングリサーチコンシェルジュでは、市場調査やマーケティングリサーチに関する相談に対応し、実際にリサーチに関する見積り・提案書を提示してもらうことも可能です。マーケティングリサーチコンシェルジュを活用すれば、今後の方向性を決定するにあたって役に立つ情報を収集できるかもしれません。積極的に相談しましょう。

 

 

MRCの対応業界・業種を見る >