魅力的なベトナム市場

魅力的なベトナム市場

海外進出を検討している企業において、人気の高い国がベトナムです。ベトナムの人口は2018年時点で約9,467万人と日本より少ないのですが、年々増加しており、マーケットとして期待ができます。

なお、言語はベトナム語で、大学生など若い世代では英語を話す人もいます。 また、ベトナムの面積約33万平方キロであり、南北に広い国土となっています。そのため、地域によって気候も異なり、首都ハノイは北部に位置し、夏の最高気温は30度を超えますが、冬の最高気温は20度ぐらいで過ごしやすくなっています。

一方、南部の主要都市ホーチミンは、1年を通して最高気温が30度を超え、夏場は雨期になるため湿気が多い気候です。 海外進出やベトナムの市場調査を検討している場合は、まずこのような基本的な情報を押さえましょう。

ベトナムのインフラ状況、市場環境

海外進出を検討する際には、インフラ状況や市場環境の確認が必要です。ベトナムの場合、電力や道路、鉄道といった社会インフラは都市部を中心に政府開発援助の活用によって整備されてきており、ビジネスを行う上で大きな支障はなくなりつつあります。

また、市場環境をみると、GDPは日本と比べるとまだまだ低いですが、成長率は高く、毎年5%以上の成長率を記録しており、今後も市場の拡大が見込めます。ベトナムの貿易関係をみた場合、輸出はアメリカや中国、輸入は中国や韓国が多く、日本はこれらの国よりも取引額は多くありません。一方、ODAの金額は日本がもっとも多く、ベトナムへの投資額もトップを争っている状況であり、日本と経済的な結び付きは強く、ベトナムにおける日本への印象は概ね好意的です。

こうした点に加え、ベトナムに進出するメリットとして挙げられるのが、人件費の安さです。加えて政情も安定しており、人件費の高騰した中国からベトナムに拠点を移すケースが増加していることは、こうしたメリットを評価されているからです。

市場調査を実施して、進出の可能性を探ろう

こうした様々なメリットがあり、海外で初めてビジネスを展開する国としてベトナムを候補に入れる企業も多いでしょう。もし、ベトナムで製品やサービスを販売していくことを検討している場合は、現地の市場調査を行うことをお奨めします。

GDPの成長をみても分かるように市場の成長性は確かですが、提供したい製品やサービスの市場規模をみた場合、まだ期待できるものではない可能性もあります。また、現地特有の商習慣や法規制によって国内と同じようなビジネスを展開できないかもしれません。

こうした情報を入手せず、ビジネスを行うのはリスクが高くなってしまいます。自社でこうした調査を行えるのが理想ですが、リソース面で難しいケースも多いでしょう。そうした場合には、専門の調査会社に業務を依頼することをお奨めします。

どのような内容を把握したいのか、問い合わせを行えば費用やスケジュールを提案してもらうことができます。もし、どのような企業を選べばわからない場合は、マーケティングリサーチコンシェルジュに問い合わせてみましょう。

海外進出はチャンスでもありますがリスクも伴います。十分に調査を行った上で、進出の判断を行いましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >