コラム 広告・ブランド調査

バイラルマーケティングの概要や特徴などに関する紹介

バイラルマーケティングと呼ばれるマーケティング手法について

 

企業が事業を拡大していくにあたり、自社にとって最適なマーケティング手法を選択するが重要です。マーケティングの手法にはさまざまな種類がありますが、ここでご紹介するのがバイラルマーケティングと呼ばれる手法です。

バイラルマーケティングは口コミを利用して、商品やサービスの販促を行うものです。ちなみに「バイラル」とは「ウィルス性の」という意味を表し、ウィルス感染のように一気に情報を拡散できる特徴からこうした名前で呼ばれるようになりました。

バイラルマーケティングが成功した事例の一つに、無料Eメールサービスが挙げられます。これは、ユーザーが送信するメールの最後にサービスサイトのURLとメール利用の案内を記載するといったもので、知人から送られてくるメールという信頼性から、多くの人が案内をクリックし、結果的に販促コストを抑えた上でナンバーワンの利用者を獲得することに成功しました。

現在では、わが国でもバイラルマーケティングを採用した多くのサービスを目にするようになりました。例えばインターネット上のコンテンツやショッピングサイトにおける記事や商品を知人に紹介するための機能が該当します。

 

あるオンラインモールでは、所定のボタンを押下して必要な情報を入力することで、知人のメールアドレスに商品紹介ページのURLを送信することができます。また、メッセージの入力機能も搭載されており、知人とのコミュニケーションツールにもなっています。

最近では所定の条件を満たすことで、紹介者と被紹介者の双方が特典を受けられるという制度を採用しているところも多く、より情報の拡散性を高める仕掛けがなされています。

効果的な販促活動を考えている方は、バイラルマーケティングの実施を検討してみるのもよいでしょう。

バイラルマーケティングの実施にあたっての注意点

バイラルマーケティングを実践すれば、従来よりもコストを抑えつつ効果の高い販促活動を実現できる可能性があります。ただし、拡散性の高い口コミを利用するという性質上、トラブル発生のリスクには気を遣う必要があります。

バイラルマーケティングの実施にあたっては、失敗事例を研究し、トラブルが発生しない仕組みとトラブルが発生した際の対処法を検討しておく必要があります。

Web広告の場合、広告効果の状況や費用に応じて出稿量をコントロールすることが可能できるため、計画的な運用が可能です。一方、バイラルマーケティングは口コミを利用しているため、広告のように出稿量を調整するのが難しいという問題があります。

 

バイラルマーケティングでは、紹介者に対するインセンティブによって、調整を図ることが可能ですが、インセンティブをうまく設定しないとトラブルの要因となります。

例えば、紹介メールを一定数のユーザーに送信すればインセンティブが得られるというバイラルマーケティングにおいて、報酬を目当てに見ず知らずの人に紹介メールを送る事例が多発し、苦情が寄せられ、逆に自社の商品イメージの毀損に至ってしまう可能性もあります。このため、バイラルマーケティングの運用については十分に注意をしましょう。

マーケティング手法を見直す際には

バイラルマーケティングは、コストを低く抑えて高い収益を得られる可能性がある手法ですが、注意すべき事項も存在します。バイラルマーケティングのメリットやデメリットを理解した上で利用を判断する必要があります。

バイラルマーケティングを含め、企業がビジネス活動を展開する上でどのようなマーケティング活動を行うべきか検討し、見直すことも重要です。

特にこれまでの施策の効果検証は大切です。しかし、検証を行うノウハウや人員、設備が不足している場合には専門の業者にサポートを依頼すると良いでしょう。

マーケティングリサーチ会社では、広告施策の効果検証に関するサービスも用意しています。

調査方法、費用の相場などに関する疑問や不安がある場合は、専門業者に問い合わせや相談をして回答やアドバイスを得られます。まずは、気軽にマーケティングリサーチ会社に相談してみましょう。