水処理用薬剤に関する市場調査を行おう

水処理ビジネスの業界とは

水処理用薬剤は、上水道や下水道関連や産業用水関連などに利用されています。基本的に水処理ビジネスは官需向けが中心となっているため、水処理用薬剤も官需向けが中心となっています。

ちなみに、水処理ビジネスの需要の大半は上下水道関連となっており、その内の多くは下水処理向けとなっています。しかし、今後は人口減少などで水道事業を支えきれない自治体が増えると予測されるため、今後は自治体ではなく、民間企業がそういった役割を担っていくと予想されています。

加えて、世界では東アジアや大洋州、中南米や中東など、水インフラが十分整備されていない地域も多く、こうした地域において水処理の需要は拡大していくと予想されています。これらの地域でも、水インフラの整備は公営から民間企業の活用にシフトしていく傾向が見られます。

なお、世界において水処理ビジネスは水メジャーと呼ばれる海外企業が牛耳っていましたが、その占有シェアは低下傾向にあります。 その理由は、アジアなどで各地域において経済発展に伴い、地場企業が実力を付けていることや、それに伴い水メジャーは選択と集中を進め、本国とその周辺地域に経営資源を集中させていること、さらに水処理の機器や技術が成熟し、差別化が困難になったことなどが要因となっています。

このため、水処理用薬剤も含め、水処理ビジネスの競争は厳しくなっているといえるでしょう。

水処理用薬剤の用途と現況

水処理用薬剤は下水処理を始め、工業用水の処理などに活用されています。例えば、上水道の場合、河川の水を浄化するため、ポリ塩化アルミニウムなどの凝集剤を投入して、濁りの元を固めて沈めます。

そのうえで、上澄みをろ過して、塩素を投入し消毒し、飲み水などに利用できるようにしています。 工場などの排水処理に関しては、濁りの元となる物質や汚泥の除去や消臭・脱臭目的で利用されます。

また、学校や病院、工場といった大規模施設に使われるボイラー向けの薬剤、石油精製や鉄鋼産業のプラント向けの薬剤などもあります。 この他、給水ポンプなどには水をろ過するための膜が備え付けられていますが、その膜に付く汚れを取り除くために膜用水処理薬品も存在しており、水処理用薬剤は様々な用途や目的で活用されています。

このため、水処理用薬剤の需要は比較的堅調ですが、近年では食品や飲料向けの水処理において薬剤ではなく、紫外線やオゾンを活用する傾向が見られます。 但し、そういった傾向は一部に留まっており、引き続き水処理用薬剤の必要性は高く、海外を中心とした経済発展に伴い、その需要は拡大していくと期待されています。

水処理用薬剤業界の情報収集は市場調査で

水処理用薬剤は様々な用途や場所で利用されており、それぞれの市場動向を把握するのは容易ではありません。加えて、今後需要が高まっていくと思われる海外市場の動向も欠かせません。

これらの情報を自社で全て把握しようとすれば、多くの労力と時間を要するでしょう。加えて競合の状況等の把握を自社で行うには困難であり、情報の精度も低くなってしまいます。

このような問題を解決に役立つのが市場調査会社です。 専門知識を有した人物が調査を行うことにより、自社で行うよりも効率的かつ質の高い情報を収集が可能となります。

もし、新規参入や事業のさらなる成長を考えている場合は、こうした市場調査会社を活用し、得られた情報をもとに事業戦略を練ることをお奨めします。 市場動向の動きをいち早くキャッチし、正しい経営判断を行えるように努めましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >