水処理膜における市場調査

世界に注目される水処理膜

水処理膜は、簡単に言うと水の中にあるナノレベルの不純物を取り除くための膜であり、様々な用途で活用されています。日本はこの水処理膜において世界に誇れる高い品質を有しています。 水処理膜にはいくつかの種類がありますが、そのうちMF膜は、ウイルスやバクテリアを除去したり、半導体製造用の超純水を製造したりするのに使用されます。

UF膜はタンパク質や酵素の除去、NF膜はUF膜と同様、タンパク質や酵素を除去でき、ナノレベルで除去できます。そして、RO膜は溶質を通さず溶媒のみを透過できる性質を有しており、もっとも細かな物質の除去が可能となっています。

こうした水処理膜は半導体といったエレクトロニクス産業で使う超純水の利用、海水の淡水化に利用されており、前者は日本をはじめとして中国やアメリカといった先進国での需要があり、後者は水不足や下水処理能力を解決したい先進国に加え、新興国での需要が増えており、世界で欠かせない製品となっています。

最近までは日本の独壇場とも言えたのが水処理膜でしたが、世界の水不足を懸念する声が大きくなり水処理膜が注目されるようになると、中国や新興国においても自国の上下水道の整備や水の再利用を目的に、水処理膜の製造に取り組むようになってきました。このため、今後は日系メーカーと欧米メーカーに加え、新興国メーカーの参入により、水処理膜の市場における競争は激化していくでしょう。

水処理膜の有望性

水処理膜など水関連のビジネスは、今後ますます需要が高まっていくと予想されています。地球は水に覆われた惑星ですが、私たち人間が直接摂取できる淡水に限ると、全体の0.01%しかありません。

このように水資源は有限であるにも関わらず、世界の取水量は右肩上がりに増加しています。こうした現状において有効な対策となるのが、水処理膜を活用した海水の淡水化です。 海水淡水化に必要なNF膜やRO膜のシェアの多くは日系メーカーが有しており、技術開発の面においても世界の上位にいると言っても過言ではありません。

今後は、この技術力を世界に広めていくことができるかが市場拡大における鍵になります。 すでに日系メーカーにおいては、これらの技術を途上国に導入してもらう取り組みも行っており、インフラ整備が発展していない国々において日本の水処理膜がさらに普及することが期待されています。

また、飲料水以外でも工業用の超純水の精製や、海水から塩分を取り除いて水力発電に活用するなど、水処理膜のポテンシャルは非常に高いといえます。市場調査によれば新興国向けの需要を中心に、水処理膜の市場は今後も右肩上がりで拡大すると見込まれています。したがって水処理膜の有望性は非常に高いといえるでしょう。

水処理膜業界の情報収集は市場調査会社に依頼

水処理膜に関心を持ち、新規参入や投資を模索している場合は、まずマーケティングリサーチを専門とする会社に市場調査を依頼するのが良いでしょう。水処理膜がどのようなものかといった情報はインターネットでもある程度把握することはできますが、どのような国でどのようなものがどのくらい使われているのかといった詳細な情報までは把握が難しいでしょう。

市場調査会社は、これまでの経験や独自のノウハウで調査を行うため、自社で調査を行うよりも信頼性の高い情報が得られます。なお、調査方法はおおまかにヒアリング調査、アンケート調査、公開情報の取得などがあり、調査の内容や目的に応じ、最適な方法で調査を実施してもらうことができます。

新規参入や新たな投資を行う際、気になるのは市場の成長性でしょう。市場調査会社を活用すれば、それらに関する情報の収集も可能であり、こうした情報を元に今後の施策を決定すればリスクも大きく軽減できるでしょう。 世界において需要が高まり、有望性の高い水処理膜に関する情報収集には、市場調査会社の活用を積極的に行いましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >