風力発電の市場、今後の有望性について

風力発電とは

風力発電はブレードと呼ばれる羽が風を受けて回転し、その動力が内部の発電機に伝わることで、エネルギーを電力に変換させることができる仕組みとなっています。

風力発電はこうした仕組みから温室効果ガスを出さず、電力を生み出すことができ、環境への負荷を軽減できます。また、資源の乏しい日本においては貴重なエネルギー源でもあり、海外の化石燃料への依存を抑えるためにも今後の拡大が期待されています。

再生可能エネルギーの中では太陽光発電とよく比較されますが、再生可能エネルギーを電気エネルギーに変換する発電効率においては、風力発電は太陽光発電よりも優れています。また、日中しか発電のできない太陽光発電に対し、風力発電は夜間でも発電可能であり、大きな発電量が見込めます。

一方で風力発電は太陽光発電と比べると、設備の設置や維持に大きなコストが生じる点や、採算性やスペースの確保の問題から設置できる箇所が限定される点はデメリットとなっています。 こうしたこともあり、初期の頃は比較的設置条件に見合った場所の多い欧州諸国で導入されていきました。

その後、より効率よく風を受け発電させていく技術開発が進み、日本においても、2000年代に入ってから様々な箇所に導入されるようになりました。国内における発電設備や発電容量は増加を続けており、今後も成長が期待できる領域といえるでしょう。

洋上風力発電への期待

風力発電の風車を設置できる場所は主に、陸上と洋上があります。また、設置場所として、年間を通して安定して風が吹き、エネルギーが得られるエリアであることが条件となります。

加えて大型の風車を設置するため、造成に大きなコストがかからないエリアであることも設置場所の条件となります。 日本の場合、陸上において安定した風力エネルギーが得られる地域は、山岳地帯がほとんどです。

しかし、設置費用が高額となるため、導入が困難な箇所が少なくありません。そういった事情から今後の可能性として、洋上における風力発電が期待されています。欧州でもすでに洋上風力の分野が注目され、需要は拡大しています。

なお、洋上における風車の設置は、海底に杭を打設して基礎をつくり、そのうえに風車を設置する方法が一般的です。中でもモノパイル式がもっとも多く用いられています。 この他、基礎を設置しない浮体式と呼ばれる手法もあります。

日本国内ではまだ実績がない実証実験中の手法ですが、この手法が確立されると浅瀬以外の箇所でも設置が可能となることや、設置コストの低減が期待できるため、さらに風力発電の可能性が広がると期待されています。

風力発電業界への新規参入を検討しよう

このように今後の成長が期待される風力発電ですが、もし、新規参入する場合にはどのようなことを把握する必要があるのでしょうか。

まずは風力発電の発展している欧州の情報を収集し、参考にするのが良いかもしれません。しかし、自社で海外の情報を詳しく把握するにはリソースの問題から困難な企業も多いでしょう。 そこで、専門会社に市場調査を依頼する方法をお奨めします。

市場調査を生業となる会社は多くありますが、調査ができる業界や地域は会社によって異なります。まずはHPなどを参考にしつつ、候補先の絞り込みを行いましょう。調査会社にはどのようなことを把握したいのか、費用やスケジュール、調査方法を相談しましょう。

市場調査会社を活用し、成長が続く風力発電業界への参入の切り口を見出しましょう。

 

MRCの対応業界・業種を見る >