コラム 市場調査

市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い

市場調査とマーケティングリサーチの違い


世の中には市場調査やマーケティングリサーチが存在していますが、企業によってはどちらも同じなのではないかと思っているところも多いでしょう。
しかし実際には違う調査になるので、ここでは二つの違いについて説明をします。

まず市場調査についてですが、 市場調査とは現代のマーケティングにおいて欠かすことができない調査です。

別名でマーケットリサーチと言われているので、マーケティングリサーチと間違われやすいですが、両社とも異なるものなので注意しましょう。
基本的に市場調査は数字や数値で今の市場を調べ、マーケティング施策を立てることを言います。

では、例を挙げるとどんなことを調べることができるのでしょうか。
代表的な調査として、まず定量調査が存在しています。
これは消費者や見込み顧客に対して対面やインターネットなどを活用してデータの収集を行います。
主に市場調査をしている企業はこの定量調査というものを使用しています。
次に定性調査というものもありますが、これはインタビュー形式などによって質的情報を得ることです。
そうすることで本音の意見や企業が認識することができなかった意見まで聞き出すことができます。
代表的なものを紹介しましたが、主にこれらの調査を行います。

続いてマーケティングリサーチについて説明します。

マーケティングリサーチとは数値や市場動向を知るのではなく、未来の市場動向に対しても予測や分析を行うことができるタイプのことです。

企業は現在や過去のことも大切ですが、続けるためには未来のこともある程度予測しなければなりません。
そんな時にこのマーケティングリサーチが役に立ちます。
では実際にどんな調査ができるのかということですが、代表的なものとしては製品テストなどが存在します。
例えば顧客に販売されている商品を使用してもらい、実際に使ってみてどうだったかという意見を聞くことができる調査です。
その意見に対して今後の新製品などを考える上で役立つ意見を入手することができます。
その他にも事前事後調査というものがあります。
これはイベントなどの広告キャンペーンを実施前と実施後で調査をし、その結果を比較するというものです。
宣伝効果を事前に調べることができるので魅力的です。
このようにそれぞれ違いがあるので依頼する時には目的に合わせた調査を行いましょう。

市場調査は海外でも可能?


企業によっては日本国内のみならず海外にもマーケットを展開しているところがあります。
またこれから海外に展開していきたいと思っている企業も多いのではないでしょうか。
しかし、何も知識がなく海外に展開をしてもリスクが高く失敗をする可能性もあります。
失敗しないためにも市場調査は必要になります。
実際に業者によってはマーケティングリサーチにおける海外調査も行うことができるので、依頼をすることで事前に情報を収集できます。

では実際に依頼することでどんなメリットがあるのかということですが、 特定の産業や業界構造を調査することが可能な点です。

例えば海外に展開したいと思っている時に特定の国の産業規模だけではなく、プレーヤーがどのくらいいるのか、どのような参入障壁があるのかまで調査することができるので、予定していた地域で事業を展開していくかどうかについての判断材料を得ることができます。

また, 競合他社をベンチマークできるのもメリットです。

例えば海外で売り上げをたくさん得ている企業はどこか、その規模を拡大させている要因は何かなどを明らかにすることによって海外展開していくにあたって事前に戦略を立てていくことができ、売り上げを順調に伸ばせる可能性が高くなります。

このように、市場調査は国内のみならず海外でも調査を行うことができます。
今後海外展開していく企業にとっては大きな味方になる可能性が高いので、しっかりと調べたい企業は調査会社に依頼をしましょう。

市場調査やマーケティングリサーチを行う上での注意点


企業によっては調査会社に依頼をして市場調査やマーケティングリサーチをするところがありますが、実際に自社で調査を進めるよりも手間がかからないですし、必要な情報を集めることができるので依頼した方がいいでしょう。
しかし、依頼するからと言って全てを任せてしまっては正確な情報を得ることができません。
調査を行うにあたって注意点はいくつかあるので紹介します。

まず大切なのが 調査の目的を忘れてはならないことです。

企業によっては調査会社に依頼できるからと必要以外の情報もたくさん調べてもらうところがあります。
しかし必要でない情報を集めてしまうと何を調べたかったのか目的を忘れてしまうことがあります。
効率も悪いので、依頼する時は目的を明確にすることが大切です。

また 調査会社はどこに依頼しても同じではないということを知っておきましょう。

例えば調査する内容により調査会社によっては調査ができない場合もあります。
具体的な情報を知るためにも、事前にどこに依頼するかを考えることは重要です。